アメリカ 経済 崩壊

アメリカ

Add: yrofuz83 - Date: 2020-12-16 18:52:46 - Views: 5124 - Clicks: 1739

JPモルガン商会の共同経営者、ヘンリー・デイヴィソン 5. See full list on world-note. 似てますよね? では、具体的な中身をみていきたいと思います。. しかし、もしアメリカ軍が日本から撤退したり、日本が核兵器を保有したりすれば、世界経済、国際情勢に多大な影響が及ぼされるということは. 経済と言えば、アメリカの経済に最近今まで以上に不安を感じます。 これまでの6か月で失業手当を提出した人は6千万人。 これは年の大不況の18か月間に出された数を上回るそうです。. これは日本のメディアではあまり報じられていないですが、数年前からアメリカの不動産価格は上昇し続けています。 リーマンショックで大幅に下落したアメリカの不動産価格ですが、ここにきてリーマンショック直前とほぼ同じ水準まで高騰しています。 金利の話とリンクするんですが低い金利だったからこそ多くの人がたくさんお金を借りて不動産に投資したり、住宅を購入していました。 これもトランプ当選以降の長期金利の上昇と今後の利上げによって金利がさらに上昇すれば、返済の負担が増えて新たに不動産を購入する人が減るでしょう。また借金の返済が苦しくなり不動産を売却する人もでてくるでしょう。 ただでさえ不動産価格が高すぎて一般の人には手の届かない代物が、金利負担が増えることになれば買い手を失い暴落する可能性が高いです。これもバブル期の日本にそっくりです。 ただ不動産は地域によって価格差が激しいですし、当時の日本ほど過熱はしてないかもしれません。. とは言え、この手の不況予測は常にありますし、少し前には年がターニングポイントという声も聞かれました(その可能性もまだ残されてますが)。 好景気が記録的長さになってきたこの頃、サイクル的にも「そろそろバブルが弾けるのでは?

崩壊のリミットは近い?やがて来るインフレが国民を突き落とす アベノミクス終焉で日本経済は転落する. 最後に日本株への影響についてです。 アメリカ 経済 崩壊 正直、僕はアメリカが利上げしようが見送ろうが日本株は暴落すると思います。早いか遅いかの違いだけで。 予想通り利上げが行われた場合、ドル高によって直後は上昇するかもしれません。がその後はこの記事で書いてきたようにアメリカの株や不動産が暴落すると僕は考えているので、日本の株も世界経済もただでは済まないでしょう。 これに対して今回利上げを見送った場合、アメリカ経済は本格的に復活する可能性が高いです。しかし日本の株はこの場合も暴落するでしょう。なぜなら利上げ見送りでドルが急落し円が急騰するからです。 そしてこの時に日銀に残された有効な対抗策は何もありません。 すでに大規模な金融緩和とマイナス金利で限界まで緩和政策をやりきってしまったためです。 対抗できる策があるとすれば政府による減税か財政出動でしょう。しかし、日本政府や財務省がこれを実行するとは思えません。 デフレ下において消費増税などという馬鹿げた愚策を平気でやるような日本政府と財務省に、まともな政策を期待してもムダなことです。. まずアメリカの経済状況をみていきましょう。 経済状況を示す一つの指標として「対外純資産」がありますが、アメリカの負債額は年末時点で約900兆円で世界で見てもダントツ一位です。 対外純資産は政府や企業、個人が外国に保有する資産から負債を差し引いたものであり、アメリカがいかに借金大国であるかがわかります。 ちなみに日本は対外純資産でみれば世界一位を28年連続で保ち続けています。日本の借金総額は1000兆円を超えているのにもかかわらず、円が安全資産だといわれる理由の一つとして「対外純資産が多い」ことが挙げられます。 ただ、対外純資産が多ければ多いほど良いってわけでもありません。対外資産とは、海外に建設した工場や、買収した海外企業も含まれたり、日本の投資家の海外企業の株式や債権への投資も含まれるわけですが、日本が世界一対外純資産が多いということはそれだけ積極的に海外に投資をしていることになります。それは逆を言えば、「海外からの投資が少ない」ことでもあるので、対外純資産というのは経済指標の一つに過ぎないことは念頭に置く必要があります。 次にアメリカの赤字がどれほどあるのかを見てみましょう。 アメリカの財政状況についてよく言われることですが、アメリカは貿易赤字(経常赤字)と財政赤字という「双子の赤字」を抱えています。それは80年代のレーガン政権時代以来、クリントン政権時代の一時期を除けば、ずっと続いています。 まず貿易赤字からみてみると、米商務省が発表した年の経常収支は4884億7200万ドル(約54兆円)の赤字でした。今はブッシュ政権時代よりは良くなっていますが、下降傾向にあります。内訳をみてみると、中国との貿易収支(オレンジのグラフ)で大きな赤字を生み出していることがわかります。 この赤字を少しでも減らすために、トランプ大統領は米中貿易戦争において、対中国の輸出量を増やすべく、交渉を進めています。 次に財政赤字をみてみると、トランプ政権以降は赤字が拡大傾向にあり、米財務省が発表した会計年度(18年10月~19年9月)の財政赤字は9840億ドル(約107兆円)でした。さらに米議会予算局(CBO)は20年度の財政赤字額を1兆80億ドルと予測しており、財政赤字は「1兆ドル時代」となります。それ以降も赤字幅は広がり、28年度には1兆4790億ドルに膨ら. 金利が低いと銀行からお金を借りる時に負担が少ないので借金をしやすくなります。 企業や個人は軽い負担でお金を借りて設備投資したり、車や家を買えるので物が売れて景気が良くなります。バブル崩壊前の日本も金利が低く抑えられ物が売れまくってました。 政策金利は当時としては史上最低の2.

ソ連崩壊は世界情勢を大きく変えた非常に影響力のあった出来事。 その直接的な原因は、ソ連を救済するためのミハイル・ゴルバチョフ主導のグラスノスチとペレストロイカであること、また、崩壊後の状況についてもある程度理解が深まったかと思います。 世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!. アメリカ住宅バブルの崩壊と 経済再建過程 岡 田 徹太郎 はじめに 21世紀アメリカの財政と金融は,市場に強い信頼を置く,共和党のジョー ジ・w・ブッシュ大統領と,アラン・グリーンスパンfrb議長という2人の 指導者のもとで幕を開けた。. リーマンショックのときには一時壊滅的でしたが、その後早々と巻き返しましたよね。 リーマンショックの頃も、実際にバブルが弾けてみるまで、サブプライムローンの危うさをトンと聞きませんでしたから、不況を引き起こす原因なんて不況になってみるまで分からないものかも。サブプライムについては、識者でさえ危うさを認識してませんでしたから。 サブプライの危うさがいかに認識されてなかったかは、この映画を見れば分かります。 The Big Short () アメリカ 経済 崩壊 邦題は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」。 オスカーにノミネートされた秀作で、普通にエンターテインメントとしても楽しめます。 個人的には、次回の不況は金融政策が原因とか言われても「ほんまかいな」という感じ。それこそ、「中国のシャドーバンクがぁ」とか言われる方がしっくりきたり。 金融政策が原因なら微調整で済むような気がしますが、どうなんでしょうね。 しかしながら、次の不況が金融政策で引き起こされるとしたら、マーケットに壊滅的な打撃を与えるだろうというコメントを散見します。.

アメリカではいつ金融・経済が崩壊してもおかしくない状況ですので、その5日前の兆候と何を準備すべきかを教えてくれています。 株価が上がれば上がるほど、大きな爆発が起こります。. アメリカ 経済 崩壊 ソ連崩壊は国内の停滞を解決しようとして断行された、グラスノスチとペレストロイカが直接的な原因となって起こったことが分かりました。 では、ソ連が崩壊したことで、ソ連を形成していた国々や世界にはどのような影響があったのでしょうか? ここからは、ソ連崩壊後に起きた出来事の中でも知っておきたい3つのことについて詳しく見ていきます。. コロナはデープステート米民主党と中国の江沢民派が共謀で世界経済の崩壊の目的で仕掛けた偽旗作戦です。 世界中のデープステートと悪魔米民主党はこの偽感染騒動を仕掛け、11月の米大統領選挙でトランプ大統領の再選阻止を企んでいるのです。. 日本のバブル崩壊はそれまで長く続けていた緩和的な金融政策を金融引き締め政策に転換する過程で起こりました。 金融緩和とは不景気を改善するために行う景気刺激策です。代表的なものに金利引き下げ(利下げ)、減税などがあります。最近で言えば日銀の黒田バズーカと呼ばれる大規模な量的緩和もこれにあたります。 これに対して金融引き締めとは好景気が行き過ぎた場合に過熱した経済を抑制する政策です。これには金利引き上げ(利上げ)、増税などがあります。 当時の日本は緩和的な政策によって好景気になりましたが、過熱し過ぎたので引き締め政策に転換したら結果的にそれがバブル崩壊のきっかけとなったのです。 一方で近年のアメリカはリーマンショックで不景気になって以降、ずっと緩和的な政策をやってきて不況を脱しました。そして今まさに金融引き締め政策に転換している最中なのです。.

デジタル通貨の発行に消極的で通貨の覇権を中国に明け渡そうとしているアメリカですが、それは実は一つの戦略なのではないかと考えられます。 というのも、前述したようにアメリカは天文学的な数字の借金を抱えており、それを一旦リセット(デフォルト)しようとしているのではないかと考えられるのです。. アメリカの経済覇権の根幹にある債券システムがバブル崩壊し、いよいよそれがアメリカの覇権主義の終わりになる時、日銀の金融緩和政策によってアメリカの金融システムにテコ入れしている日本は、アメリカのバブル崩壊によって大打撃を受けることに. 逆にバブル期の日本と明らかな違いについても見ておきたいと思います。 それはドナルド・トランプの経済政策です。 彼は金融政策ではなく、減税と大規模な公共事業という超強力な財政政策によってアメリカ経済の立て直しを考えているようです。 そしてこの財政政策はこのブログでも何度も述べてきたように極めて合理的で効果的な政策です。 バブル崩壊後の日本が公共事業を削減しまくり、後に増税した経緯とは明らかに異なる点です。 ただこの財政政策がどのように行われて、いつ効果が現れるのかまだ誰にも分かりません。だってまだ就任すらしてないし(笑) 就任前にバブル崩壊のような事が起こるのか、それともそれが起こる前にトランプが強力な財政政策で回避するのか? トランプの経済政策が大きな不確定要素であり、期待を持てる要素でもあります。. 今回から、山崎元氏やかんべえ(吉崎達彦)氏とともに、新たに持ち回り連載を担当することになった小幡績です。これから頑張っていきたいと. なぜこれほどまでに財政状況が火の車で、借金を膨らませ続けているのにもかかわらず、ドルが暴落することなく世界の基軸通貨として流通しているのか。そしてなぜアメリカが世界の経済大国として君臨し続けているのかというと、それは国際決済においてドルが一番使われる通貨だからです。特に石油の取引は殆どがドルで行われる仕組みになっています。例えば、日本とイランの石油の貿易も主にドルで行われます。 前回の記事でも触れましたが、ドル決済の場合はアメリカの金融機関を経由するので、アメリカ政府やFRBが追跡できる仕組みになっており、アメリカにとって不都合な企業に対して国際決済においてドルが使用できなくさせるという罰則措置も行えます。アメリカの対イラン産原油の経済制裁に触れて「各国がドルを使いたければ、米国の制裁に従う義務がある」とムニューシン財務長官が強弁に主張していることからその影響度が分かりますね。 石油はあらゆる国が必要とする資源であるために、世界中の国のお金が産油国に集まります。その決済がドルで行われるということは、産油国にドルが集まるということであり、サウジアラビアなどの親米系の産油国は大量の米国債を購入しているので、米経済にドルが還流し、アメリカの財政を支えています。 そもそもなぜ石油などがドルで決済されるようになったのかというと、ニクソンショック以降、金ドル本位性を放棄したアメリカがドルの覇権を維持するために「ペトロダラーシステム」を確立したからです。というのも、サウジアラビアに対して軍事支援をする代わりに、石油の取引をドルで行うように半ば強引に交渉をしました。それ以降、石油の取引は主にドルで行われるのが世界の暗黙のルールになりました。このシステムをペトロ(石油)とドルを組み合わせて「ペトロダラーシステム」といいます。 ニクソン大統領時代に、ゴールドという担保を失ったドルは実質ただの紙切れとなりましたが、世界基軸通貨としての地位が確立されたがために、ドルは世界一価値がある通貨として流通してきました。 アメリカは今までドルを大量に刷り続けてきたわけですが、なぜハイパーインフレを起こすことなく今までやってこれたのかというと、この「ペトロダラーシステム」があるからだったのです。 それゆえにドルを発行するアメリカが借金大国だろうがなんだろうが、そんなこと関係なしに世界中の国がドル.

以上、様々な点からバブル崩壊前の日本の状況と現在のアメリカの状況を比較してみました。 緩和政策から引き締め政策への転換、複数回におよぶ利上げと長期金利の上昇、史上最高値をつける株価、不動産価格の高騰。 アメリカ 経済 崩壊 多くの点で似通っていると思います。 僕の結論としては、やはりアメリカの株式市場が年明け以降に暴落する可能性が高いと思います。そしてそのスイッチは12月14日の利上げではないかと。 大げさに煽るつもりもないですし、まだ利上げが決定したわけではありません。僕の予想もしょっちゅう外れます。でも少なくとも警戒する必要はあると思います。 個人的にはWインバースETFを買い増しして現金比率も増やしておくつもりです。予想が当たれば来年以降の日本市場は盛大なバーゲンセール買い場になるかもしれません(笑)。 長い記事を最後までお読みいただきありがとうございました。 投資は自己責任で!. See full list on fallsky-out. 今後、アメリカの経済覇権の根幹にある債券システムがいずれバブル崩壊し、それがアメリカの覇権主義の終わりにつながると予測されます。 まずは8月中にアメリカ株式市場発で大暴落が演出される可能性があり、日本市場も調整局面に入ることになる可能性が高くなっています。. アメリカ国内の新型コロナウイルスに感染者数は増え続け、今や世界でも1番の感染者数となっている。 今回の新型コロナで大規模な支援策を矢継ぎ早に発表しているが、このままいくとアメリカ経済自体が崩壊するリスクも懸念される。.

ロックフェラー財閥とクーン・ローブ代表、フランク・ヴァンダーリップ 4. · About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright アメリカ 経済 崩壊 Contact us Creators. See full list on brandnew-japan. 7%の記録的な下落 となりました。�. · イギリスの金融大手スタンダート・チャータード(Standard Chartered)のデータによると、アメリカは早ければ年にも世界ナンバー1の経済大国の地位を失う可能性がある。. アメリカの経済崩壊、金融崩壊は近い感じがします。 しかも他人事ではない。 アメリカがこうなるということは、日本もトバッチリを受けるということですからね。 覚悟しておきましょう。.

itバブルが崩壊した後アメリカの経済を救ったのは戦争だった! ITバブルの崩壊のきっかけを作ったのは年9月11日にアメリカで起きた、世界貿易センタービルをはじめとした同時多発テロだったともいわれています。. アメリカのトランプ政権が、中国や香港の高官への経済制裁を強化しており、クレジットカードが使えなくなった幹部もいるという。経済的な. はじめに 20世紀末以来、過去10年間ほど、日米経済は、暗と明といった対照的な姿をとってきました。 日本はバブル崩壊後の長期経済不況に沈み、繰り返し巻き返し「景気対策」を行っても、深刻な不況のまま今日に至っているのに、海の向こうのアメリカは、国 内経済が大活況をつづけた. 医療崩壊が、4月と5月に経済をさらにマヒさせる? 失業者の困窮は、現金給付や家賃延納で解決できるレベルではない 金融危機とその長期化は. なんにせよ、アメリカ経済がもう既に赤信号なのは確かです。米国債券市場で、年1月27日と28日に短期国債金利が長期国債金利を逆転して上回るという「逆イールドカーブ」が発生しました。 通常であれば、長期金利の方が返還期間が長いので将来何があるか分からないですし、返済が滞るリスクも高まるという理由で金利も高いわけです。一方で、景気の先行きが不透明になると安全な資産とされる国債が買われやすくなります。国債の価格が将来上がるとみて、今のうちに国債を買っておこうという動きが加速し、需要が高まるので、国債価格は高まり、金利が下がります。それが行き過ぎると短期の金利を下回るという事態になります。こうした長短金利の逆転を「逆イールド」と呼び、景気後退の前兆というのが歴史の教えです。 過去50年間、逆イールドが起きると1~2年後にほぼ100%の確率で景気後退局面に突入しています。実際、バンクオブアメリカ・メリルリンチは、最新の顧客向け情報で、「直近の景気後退は7回中7回とも逆イールドが観測されてから8~60カ月遅れで起きていた」と通知しています。前回はリーマンショック、前々回はITバブル崩壊でしたが、近年の世界的な金融緩和の影響で、史上最大の不況が訪れてもおかしくありません。 実は大本命の二年物と十年物の逆イールドは年8月14日に既に起こっています。さらに同日、英国債のイールドカーブも逆転しました。このような英米同時の逆イールドは、史上初の現象で、米国だけでなく世界経済を取り巻く環境が崖っぷちにあることを示唆しているようにも見えます。 また、IMFのトップ自らが、世界恐慌級の大不況リスクが高まっていると話しています。 中国の「デジタル人民元」のローンチは年以内予定とされているので、それがドル経済崩壊の決定打となる可能性が高いです。そこで、FRBは緊急利下げで一気にドル安にして、ドル崩壊に追い打ちをかける計画なんだと私は考えています。FRBは今は連続的な利下げをストップし、しばらくは様子見の姿勢を続ける方針を示していますが、それはドル経済崩壊のタイミングを窺っているようにも見えます。 ドルがハイパーインフレを起こし、米国債が暴落するとなると、FRBも痛手を喰らうことになると思うかもしれません。しかし、そもそもFRBが発行するドルの実態は政府に対する借用書であ.

New York Times は15日に発表された アメリカの先月の小売業の売上げ高 が記録が残っている 1992年間以来で最大の下げ幅 だったと報じています。 米商務省によりますと、先月の小売業の売上高は 前の月に比べて8. 5%でした。 景気が良くなりお金が借りやすいので、多くの人や企業が借金をして株や不動産を買うようになりました。 これにより株や不動産の値段が上がります。するとさらに借金をして株や不動産を買う人達が増えていきました。なんせ買えばほぼ確実に値上がりする状態なので(笑) こうして株や不動産などの資産価格がどんどん上昇していったのです。 この過熱し過ぎた景気に対して日銀が「ちょっとみんな熱くなりすぎ!借金増やしすぎ!借金する人減らしたいから金利上げるわ。」と、数回に渡って利上げを行います。 1回目、2回目の利上げでは市場に大きな反応はありませんでした。 そして1989年12月、日銀は3回目の利上げを行います。 日経平均株価はその年の大納会で史上最高値をつけた後、年明けから怒涛のように暴落を開始しました。 バブル崩壊です。 これに対し現在のアメリカはと言うと、長年ゼロ金利で景気を支えてきましたがついに昨年12月、1回目の利上げを実行しました。 そして来週14日に大方の予想では2回目の利上げを行うようです。 しかもトランプが大統領選に勝利して以降、アメリカの長期金利はものすごい勢いで上昇しています。さらにアメリカの株価を見ると、ダウ平均は史上最高値を更新し続けている。 この状況で利上げを行うってあまりにも日本のバブル崩壊と重なりませんか? 懸念材料は金利と株高だけではありません。. また、中国は都合の悪い情報. 5月に行われたZillowの直近の調査によると、回答者の半数近くが「年に経済不況に陥る」と予測する結果に。その内の22パーセントが、年の第一四半期をターニングポイントとみています。 年と言えば、東京オリンピックの年ですね。識者らの予測が的中するとしたら、オリンピックもしめやかな感じになってしまうんでしょうか。日本経済はアメリカ経済に追随しますしね。. 」と言う向きが増えてきましたね。 確かに、そろそろ調整されないと逆に怖い気も。 次の調整が微調整で済むのか、大調整に至るのか.

【新唐人年3月8日付ニュース】2月27日、アメリカのウォールストリート・ジャーナルが"民間債務激増、中国に埋められた時限爆弾"と題する. と言いつつ、このまま好況が続く可能性もあります。先のことは誰にも分かりませんし。 「もうすぐ不動産が下がると聞いたからずっと待ってるけど、価格も金利も上がり続けるばかりで家なんて一生買えそうにないじゃないか! やっぱり欲しいと思ったあの時に買っておけば良かった(怒)」 なんて怒っても、誰も責任取ってくれません。 やっぱり、最後は自分を信じるしかありません。 自分自身で景況感をつかむには、日ごろから定点観測を続けることです。 株でも不動産でも、少額でも投資してみればマーケットの動きをリアルに感じられるようになります。 ちなみに、REITやクラウドファンディングを利用すれば、不動産も少額から投資可能です。 定点観測には、預金はもちろん株や不動産など、持ってる資産を一元モニターできる、パーソナル・キャピタルという無料のファイナンシャルアプリがおすすめ。私も長らく愛用してます。 そして、不況時のしのぎ方についても、予めシミュレーションしておくべし。 長期保有資産はいくら価値が目減りしても手放さないよう覚悟を決めておくとか、今の内に利確しておいて、次のチャンスで買い増ししようとか。 まあしかし、それが難しいから悩ましいんですけどね。. アメリカ合衆国崩壊は起きないのでしょうか? ↑ 今はまだ起きないと思います。 理由は経済です。 米国経済は順調に発展しています。 こういう時は、崩壊しません。 問題は経済が下り坂になり、それが 継続し、蔓延化したときです。. では、次の不況は何が原因となるんでしょうか? 年夏のアンケートでは、「地政リスク」が次の経済不況の原因となるとみられてましたが、今回の調査結果では「金融政策」を原因とみる流れに。 不況の原因に関して回答した99人の内、過半数の55人が金融政策が引き金になるとみています。 Zillowの調査では、回答者に考え得る不況原因の第三位までを順位付けてもらい、順位による比重を勘案して点数化する方式。結果、「金融政策」が137点と突出しています。. アメリカで新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。最近では、一日に7万人を超える新規感染者数が報告されている。これは、日本で確認さ. アメリカ 経済 崩壊 翌5月には、アメリカの50州全土で経済活動が部分的に再開し、同年5月における、アメリカの製造業とサービス業を合わせた全体の購買担当者景気指数(pmi)は、最悪だった4月からは底上げしており、 アメリカの統合pmiは36. 通貨委員会特別補佐官、エイブラハム・アンドリュー 3.

See full list on happymoneyusa. 新型コロナウイルスの感染者増加が止まらないアメリカ。拡大速度を緩めようと、連邦政府は他人との接触を控えるよう要請し、40近くの州では. 『年 アメリカはどこまで中国を崩壊させるか:そして日本が歩む繁栄の道』 中間選挙でアメリカ議会は上院と下院で「ねじれ」状態になった. .

. 全国民必読 これから何が起きるのか 9月再びの大暴落に備えよ ドル崩壊、アメリカ経済は二度死ぬ. 『なぜ、アメリカ経済は崩壊に向うのか 信用バブルという怪物』は、読むのが少し遅かったかなという印象。バブル発生については、非常に分かりやすく書かれています。バブルによる信用損出の規模についてもかなり正確な予測をしました。. ・ロスチャのアメリカ潰しは100年来の悲願。(20世紀に繰り広げたロックフェラーとの闘いに終止符を打ちたい) ・おそらくロスチャが習近平を直接口説き、中国がこれに加担した。 これによりロスチャと中国による世界経済崩壊→アメリカ潰しが始まった。. ソ連崩壊とは、1922年にユーラシア大陸に建国された共和制国家であった社会主義共和国連邦(ソ連)が、1991年12月25日、当時の最高指導者であったミハイル・ゴルバチョフが辞任すると同時に解体された出来事。 または、1980年代後半から実際の解体までに起こった一連の流れのこと。 このソ連の崩壊後、 といったことにつながる歴史的な事件でした。. 年が幕を開けた。昨年、世界経済の最大のリスクとなったのはアメリカと中国による貿易摩擦だ。ドナルド・トランプ政権は3度にわたって.

狙いは、アメリカ経済の崩壊 」を全文掲載します。. 1980年代中頃から1990年代初頭にかけて発生した「バブル経済」。日本企業の海外進出が盛んになり、雇用や賃金も拡大。人々の生活は大きく変わりました。しかしバブル経済が崩壊した痛手は、約30年が経過した現在にまでおよんでいるのです。この記事では、当時の生活や崩壊の原因、影響.

アメリカ 経済 崩壊

email: gurize@gmail.com - phone:(683) 773-1449 x 1708

全員 死刑 -

-> 韓国 語 nhk 講座
-> 忽那 汐里 ドラマ

アメリカ 経済 崩壊 -


Sitemap 1

小さな 大 草原 -